俺が教師だ!教育してやる!
六郎「ふぅっ、んふぅ……俺のこと、気になってたんだろ?」
凛香「んぐっ、んくぅぅ…………くっ、くぅぅ…………くっ、くふぅ……」
六郎「……彼氏が……ふうっ、ふうっ……彼氏が欲しかったんだろ?」
凛香「あぐっ……か、彼氏が出来ないって……はうっ……相談しただけなのにぃぃ……」
俺が教師だ!オナニーの授業をする!
うん、いいぞ……テンション上がってきた。もうこのままイッちゃって、凛香の顔にぶっかけたくなってきた!
でもまぁ……それをやったら、嫌われるからやらないけど。
凛香「んくっ、くぅぅ……せ、先生……なんだか呼吸が荒いですけど……」
六郎「はぁっ、はぁっ……お前の姿を眺めながらオナニーしてるからな……」
凛香「……あの……そんなに……そんなに興奮できるんですか?」
六郎「ああ、当然だろ……めちゃくちゃ興奮してるぞ……」
教え子を自宅に連れ込んで、性教育!
凛香「んぁっ、この感触……先生のオ●ンチンの感触、いいっ!」
凛香「あ、あとは……自分で…………自分で腰を……んくっ!
くっ、くふっ……んくぐっ……くっ、ぐくっ……んぁっ、あくぅ」
六郎「本当に大丈夫か、凛香? 辛くないか?」
凛香「へ、平気ですぅ……ただ、自分で腰を沈めて、挿れていくというのが……んぁっ、あぐぅ……」
まぁ、無理もないか……。騎乗位で挿入する場合、気を抜くと自分の体重が乗っかっちゃうからな。
これが大人の愛だ!性教育その2!
凛香「やぁぁ、は、恥ずかしいですぅ……ぅぅっ」
六郎「凛香の大切なところが、丸見えになってるもんな」
具体的に●ンコやア●ルが丸見えだ……と、言ってやってもよかったんだが。
ここで変に萎縮されても、こまるからな。
六郎 「それで、凛香……このまま挿れてもいいのかな?」
凛香「ど、どうぞ……ワタシのオマ●コに、挿れてください」
六郎「いいね、その言い方。すっごくそそるぞ。それじゃ、早速……」

スペースプロジェクトのウェブサイトへようこそ

当サイトは18歳未満の方には不適切なコンテンツを含んでいます.18歳未満の方の閲覧は固くお断り申し上げます.

ENTER

株式会社スペースプロジェクト